公開日:

Google Chrome旧ブックマークマネージャー復元方法!以前の古いバージョンへの戻し方やバックアップ手順も

スポンサーリンク

このページでは突然Google Chromeのブックマネージャーが変わってしまった場合に、元に戻す方についてご紹介しています。

Google Chromeがバージョンアップされてからブックマークマネージャーがちょっと使いにくくなりましたよね。

思わず旧バージョンにダウングレードしたい!と思いたくなるくらい使いづらくてイライラしてしまいますよね。

特に仕事で使っている方にはブラウザの使いやすさは効率化を図るためにも重要です。

アップグレードされるとお気に入りのプラグインが使えなくなる場合があるので、Google ChromeとFirefoxの2つをその時々によって使い分けているんですが、それにしても今回のバージョンアップは頻繁に使用するブックマークマネージャーだけに致命傷でした。

  • 見た目が悪い
  • 検索機能が使いにくい
  • ブックマークの編集がしにくい

正直言ってブックマークとして重要な機能が役に立っていない状態に陥っています。

因みに今回僕が話しているブックマークマネージャーとは下記画像のブックマークです。

 

検索速度自体は元のバージョンと変わらないのですが、登録したブックマークの順番を入れ替え変更するのに時間がかかってしまいます。

因みに使いやすかった古いバージョンとは下記画像です。

 

スポンサーリンク

なんとかこの以前の古いバージョンに戻したいと思って調べたら、その方法を発見したのでご紹介しますね。

でも、問題もないわけではないのでその点にも注意して戻したい方は戻してください。

Chromeブックマークマネージャーを旧バージョンへ復元する前に注意すること

古いブックマークマネージャーへ戻した時、ブラウザーのデータが失くなったりセキュリティやプライバシーが侵害されたりする可能性があります。

その点をご承知の上で元のブックマークマネージャーへ戻してください。

そして、戻す前には必ずブックマークのバックアップをお願いします。

バックアップにつきましては次でご紹介しています。

ブックマークバックアップの仕方について

Google Chromeを開いて右上の点線をクリックし、ブックマークをクリックしてください。

 

次にブックマークマネージャをクリックします。

 

画面右上に表示されている点線をクリックします。

 

ブックマークをエクスポートという文字が表示されるのでクリックしてください。

 

すると保存先を尋ねてくるので、任意の場所に保存します。

このとき初期設定では下記画像のようなファイル名になっています。

日付が入っているので特に変える必要はないでしょう。

 

今回僕はデスクトップへ保存しましたが、Google Chromeのアイコンで表示されていました。

スポンサーリンク

 

 

バックアップしたデータを使用したい場合(インポート)は上記でご紹介した、ブックマークをエクスポートのところで、ブックマークをインポートすればOKです。

 

以前のブックマークマネージャーへ復元する方法

さて、バックアップも終わって準備万端になったところで、元のブックマークマネージャーへ戻しましょう。

設定方法は至って簡単です。

検索するアドレスバーに

chrome://flags/

を入力してエンターを押してください。

すると下記画面のように日本語と英語の画面が表示されます。

 

フラグを検索と表示されたボックスの中にBookmarkと入力してください。

 

この時注意する点は、必ずAvailableを選択してください。

初期設定ではAvailableになっていますが、念のためにチェックしてください。

これがAvailableになっていないとブックマークマネージャーの設定項目がでてきません。

Enable Material Design bookmarksが表示されているか確認して、画面右のDefaultをDisabledに変更します。

今すぐ再起動をクリックするのですが、作業中のページが開いていたら必ず保存してから今すぐ再起動をクリックしてください。

稀に再起動の文字が「RELAUNCH NOW」の英語表記になります。

以上でブックマークマネージャーを以前のバージョンに戻す手順は終了です。

Chromeを再起動し、実際に戻っているか確認してみてください。

 

スポンサーリンク


}