FIVB世界クラブ女子バレーボール2017ネット中継やテレビ放送日程は?試合結果も

 

2017年のFIVB世界クラブ女子バレーボールも遂に開幕しましたね。

 

 

5月12日(金)までの試合結果は予想通りといえば予想通りなんだけど、日本チームは1勝もできず完敗状態。

 

 

今回は日本で開催するので開催国代表として久光製薬スプリングスと、アジア代表としてNECレッドロケッツが出場。

 

 

どちらか1チームでも初戦か第2戦で勝利するかも?って期待してたんだけど、やっぱり世界の壁は厚かった。。。

 

 

世界クラブ女子バレーが開催されてから日本は1度も表彰台にすら登ることができてないんです(´;ω;`)

 

 

世界とのレベルの差は分かってはいるものの、日本にはまだまだ沢山の課題があたらめて浮き彫りになりました。

 

 

でも今回は2チームが出場できたので、この経験は必ず将来の日本女子バレーボール界にとって役に立つことでしょう。

 

 

残り数試合のみだけど、試合日程とテレビやネットでの動画配信中継を調べてみました。

 

全日本バレーボール女子次期主将候補とエースは誰?予想と歴代キャプテンも!

 

 

FIVB世界クラブ女子バレーボール大会とは

 

そもそもFIVB世界クラブ女子バレーボール大会ってなに?って方のために。

 

ご存じの方はさらっと流すか次の項目へ進んでください。

 

英文での正式名称はWomen’s Club World Volleyball Championship。

 

国際バレーボール連盟(Fédération Internationale de Volleyball)、略してFIVBが主催する各大陸で勝ち抜いたクラブ王者が集まって世界一のクラブ王者を決定する世界大会なんです。

 

今年2017年で11回目の開催では出場8チームを4チームずつA、Bの2組に振り分けて総当たり戦で勝点を競う戦い。

 

近年ではトルコが頭一つ抜きでるほどの強豪で、その中でもエジザージュバシュは3大会連続での優勝を目指している。

 

グラチャンバレー2017選抜代表メンバー全日本男子&女子一覧まとめ!注目選手背番号も

 

2017年出場クラブチーム

 

南米代表

 

  • レクソナ(ブラジル)

 

アジア代表

 

  • NECレッドロケッツ(日本)

 

ヨーロッパ代表

 

  • ワクフバンク・イスタンブール(トルコ)

 

 

ワイルドカード

 

  • エジザジュバシュ・イスタンブール(トルコ)
  • ボレロ・チューリヒ(スイス)
  • ネスレ・オザスコ(ブラジル)
  • ディナモ・モスクワ(ロシア)

 

ネットでのライブ中継や動画配信は?

 

残念ながら2017年のFIVB世界クラブ女子バレーボール大会のネット中継はありません。

 

スポーツに特化した動画配信サイトDAZN(ダ・ゾーン)がライブ配信するかも?って思ったんだけどやらなかった(´;ω;`)

 

BSで放送されてるんだけど、生放送じゃない時はドキドキのライブ感がイマイチ伝わってこないんだよね-。

 

できればネットで全試合ライブ中継して欲しい~!

 

[the_ad_placement id=”volleyball336x280%e4%b8%ad”]

 

テレビ放送日程について

 

2017年5月13日(土)セミファイナルラウンド

 

ネスレ・オザスコ(ブラジル) vs 久光製薬スプリングス

スポンサーリンク

 

  • 放送チャンネル:BS日テレ
  • 放送時間:19:00~20:54
  • 開催場所:グリーンアリーナ神戸

※最大延長は21:54までの生中継

 

ディナモ・モスクワ(ロシア) vs NECレッドロケッツは第1試合で午前10:00から試合開始予定。

 

NECレッドロケッツは2016年に開催されたアジア大会で優勝。

 

古賀紗理那選手と大野果奈選手が大会で賞を受賞しました。

 

  • 古賀紗理那・・・MVP賞
  • 大野果奈・・・・ベストミドルブロッカー賞

 

試合結果

ネスレ・オザスコ(ブラジル)  vs  久光製薬スプリングス

 

1セット:20-25

2セット:21-25

3セット:21-25

 

1セット目は日本が先行してハーフタイムを終了する好調の滑り出しだったものの、ハーフタイム後はオザスコが本来の力を発揮し始め一気に逆転。

 

2セット目はほとんどオザスコが流れに久光製薬スプリングスは苦戦。

 

3セット目後半久光が連続ポイントで追い上げるも結果的にストレートという残念な試合だったが、長岡望悠を怪我で欠き、前日の試合で新鍋理沙も怪我という士気の上がりづらい状況下でメンバーは本当によく頑張ったと思う試合だった。

 

 

 

2017年5月14日(土)決勝戦

 

  • 放送チャンネル:BS日テレ
  • 放送時間:19:00~20:54
  • 開催場所:グリーンアリーナ神戸

※最大延長は21:54までの生中継

 

ワクフバンク・イスタンブール(トルコ)  VS レクソナ(ブラジル)

 

最終的に優勝したのはトルコのワクフバンク。

 

身長198cmの世界ナンバーワンスパイカーと言われている朱婷(シュ・テイ)を中心とした攻撃的な戦略でレクソナを圧倒。

 

圧巻だったのは3枚のブロックの更に上をいく高さから角度のあるスパイク!

 

あれをやられたんじゃもう防ぎようがない。

 

敗れた日本チームは観客席スタンドで観戦してたけど、レベルの差をまざまざと見せつけられてやる気がなくならなければ、、、と心配するほど凄すぎる戦いだった。

 

 

予選リーグ最終順位結果発表

 

 

【A組】
1位: ワクフバンク・イスタンブール(3勝)
2位: レクソナ(2勝1敗)
3位: ディナモ・モスクワ(1勝2敗)
4位: 久光製薬スプリングス(3敗)

 

【B組】
1位: ボレロ・チューリヒ(3勝)
2位: エジザジュバシュ・イスタンブール(2勝1敗)
3位: ネスレ・オザスコ(1勝2敗)
4位: NECレッドロケッツ(3敗)

 

 

最終試合結果

 

  1. ワクフバンク・イスタンブール(トルコ)
  2. レクソナ(ブラジル)
  3. ボレロ・チューリヒ(スイス)
  4. エジザジュバシュ・イスタンブール(トルコ)
  5. ディナモ・モスクワ(ロシア)
  6. ネスレ・オザスコ(ブラジル)
  7. NECレッドロケッツ(日本)
  8. 久光製薬スプリングス(日本)

 

スポンサーリンク