公開日: 更新日:

本田沙来フィギュア世界ランキング2019順位最新!姉望結とどっちが上?

スポンサーリンク

最近メキメキとフィギュアスケート実力を上げ始めている本田沙来(ほんださら)さん。

いつかお姉ちゃんの真凜さんを追い越すのが夢という沙来さんですが、女優としても活躍している本田望結(ほんだみゆ)さんが「ヤバい」というほど上達しているようです。

そこでこのページでは本田沙来(ほんださら)さんの現在最新の世界ランキングを調べてみました。

また本田望結さんとどちらが上なのでしょうか?

このあたりも気になりますよね。

そちらにつきましては下記リンクをご参照ください。

本田望結フィギュア世界ランキング2018順位最新は何位?過去の記録も

本田真凜世界ランキング2018年現在最新順位は何位?ランクとかわいい画像写真

スポンサーリンク

クリックで好きな項目へ移動

本田沙来2019年最新世界ランキング順位

  • 名前:本田沙来(ほんださら)
  • 生年月日:2007年4月4日生まれ
  • 出生地:京都府京都市伏見区
  • 身長:急成長中!
  • 体重:不明
  • 血液型 O型

世界ランキングを発表しているのはISU(国際スケート連盟)です。

でも2019年2月現在、本田望結さんはこのランキングに入っておりません

では一体なぜ本田沙来さんは世界ランキング外なのでしょうか?

それには深~い少わけがあるんです。

ちょっと複雑なのですが、次ではフィギュアスケートの世界ランキング算定方法について見ていきましょう。

フィギュアスケートBVとGODの意味とは?PCSやTSSにDedなど演技得点新ルールや変更について

フィギュアスケート世界ランキング算定方法について

ISU(国際スケート連盟)が定める世界ランキングには「ISUシーズン世界ランキング」「ISU世界ランキング」の2つがあります。

「ISUシーズン世界ランキング」はポイント制になっており、ランキング発表時のシーズンの成績を競うランキングです。

フィギュアスケートのシーズンは通常のカレンダー、例えば2019年1月1日~2019年12月31日までと区切るのではなく、毎年7月1日~翌年の6月30日までがシーズンとなります。

そのため「2018-2019シーズン」といった表記がされているのです。

「ISU世界ランキング」とは、2003-2004シーズンからスタートしたランキングです。

発表時のシーズンと過去2シーズンの成績をポイント化して、その合計されたポイントで算出されるようになっています。

スポンサーリンク

過去に1シーズンしか出場したことがない選手は除外されます。

選手には複数シーズンにまたがる安定した演技力が求められるということになるのです。

選手にとってはこれが結構辛い(´;ω;`)ウッ…

とはいっても、すべての大会でポイントが獲得できるわけではありません。

次ではポイントを獲得できる大会についてご説明します。

世界ランキングのポイントを獲得できる大会とは

 

View this post on Instagram

 

紗来ちゃんお疲れ様でした☺︎ ジャンプは全て着氷! 2A3Tを日本決めてますがまだ小学五年生なんだよね…😳 すごすぎる…そしてコメントも本当にしっかりしていてかっこいい… それにしても天使だ… 紗来はショートプログラム(SP)44・45点で23位スタート。フリーは95・16点(技術点52・84、演技構成点42・32)、合計139・61点だった。  演技後は「昨日(SP)は本当に悔しくて、気持ちを切り替えられたのは朝の練習を終えてからでした。夜は(フランスの)真凜もフリーの前だから連絡しちゃいけないと思ったけど、結局LINEしちゃいました。そうしたらかなり長文のアドバイスとか返してくれて…」と姉とのやり取りを明かした。  続けて「フリーは緊張より不安が大きかったのですが、途中から楽しくなってきて最後まで笑顔、紗来にしかできない“ベビーフェイス”が演じられた。今回の試合は納得いかない部分もあるけど切り替えられたから90点」と振り返った。 #本田紗来

サキ☺︎さん(@saki__marin)がシェアした投稿 –

ISU(国際スケート連盟)は少し、、、というよりかなり複雑なルールの下、世界ランキングを算出していますが、ポイントを獲得できる大会とそうでない大会が存在します。

下記にポイントを獲得できる大会を記載しました。

オリンピックとISUチャンピオンシップ

  1. 冬季オリンピック
  2. 世界フィギュアスケート選手権
  3. ヨーロッパフィギュアスケート選手権
  4. 四大陸フィギュアスケート選手権
  5. 世界ジュニアフィギュアスケート選手権

この5つの大会のうち最も高いポイントを獲得した2大会がランキングへと反映されます。

グランプリ大会

  • ジュニアグランプリシリーズの8大会
  • ISUグランプリシリーズの6大会
    エリック・ボンパール杯
    ロシア杯
    中国杯NHK杯
    スケートアメリカ
    スケートカナダ
    ISUグランプリファイナル(最終戦)

誰でも出場できる大会ではなく、ISU世界ランキングやシーズンベストスコアの上位選手などに出場資格が与えられ、最もポイントが高い4大会分の成績が世界ランキングへと反映されます。

シニア国際大会

ISU(国際スケート連盟)が選定したシニアクラスの国際大会で要件を満たす大会のみにポイントが反映されます。

年々ポイントを獲得できる大会は増えているのが現実ですが、もちろんオリンピックやグランプリ大会の方が実力のある選手が出場しているので、ポイント獲得は難しい大会です。

選手によっては日頃からたくさんのシニア国際大会に出場し、コツコツとポイントを稼いでグランプリシリーズに出場している選手もいます。

本田沙来さんが世界ランキング外なのは、こういった条件を満たしていないからなんですね。

でもまだまだ若いので間違いなく数年以内には世界ランキングに入ってくるでしょう。

望結さんや真凜さんとの戦いが見れるかもしれませんね。

女子フィギュアスケート世界ランキング2018-19現在最新順位まとめ!1番美人で可愛いのは誰?

スポンサーリンク


}