飯田怜(いいだれい)かわいいプリンセス駅伝選手の経歴やプロフィール!岩谷産業所属

スポンサーリンク

2018年10月21日(日)に開催されたプリンセス駅伝。

その大会で岩谷産業の代表として2区を走っていた飯田怜(いいだれい)選手がかわいいと評判です。

飯田怜選手が突然注目を浴びたのはこの大会で残り約200メートルという地点で突然四つん這いで走り出したことでした。


この彼女の状況がテレビに映し出された時、最初はなにが起こっているかさっぱりわからない状態に。

スポンサーリンク

アナウンサーもただただ両膝をつき、血を流しながら走っていると言うだけで、解説の増田明美さんはほとんど無言状態。

もしかすると、涙で解説することができなかったのかもしれません。

増田明美さんの話によると、大会前から足を怪我しており、万全な状態ではなかったとのこと。

タスキを受け取った3区の選手は何度もかけていたサングラスを取り涙を拭っていました。

詳細については下記リンクでご紹介中です。

プリンセス駅伝で飯田怜が四つん這いで走り膝が血だらけ!(画像写真)!怪我でなぜ止めさせない?

飯田怜の経歴やプロフィール

ワールドカップバレー2019日程&試合会場スケジュール!男子&女子別トーナメント開催期間も

  • 名前:飯田怜(いいだれい)
  • 所属チーム:岩谷産業
  • 入社年:2018年
  • 出身地 熊本県
  • 学歴:ルーテル学院高校
  • 自己記録 1500m:4分34秒84(2017.06)、3000m:9分35秒69(2018.05)
  • 趣味:ドラマや映画をみること
スポンサーリンク

熊本県出身の飯田怜(いいだれい)さんは、ルーテル学院高校の時代から親元を離れ、寮生活を送っていました。

しかし、その時は一人部屋ではなかったそうです。

小学生の時はバスケットを3年間プレーしていた飯田怜さん。

陸上は中学校の時から始めたそうです。

そして2018年からは岩谷産業へと入社し、クイーンズ駅伝の出場権をかけ、クイーンズ駅伝の2区に出場。

しかし前述の通り、残り約200メートルというところで足を痛め血だらけになりながら四つん這いで走るという状況に。

自力では立てないほど酷い状況だったので、その後が心配です。

怪我の原因や理由につきましては下記リンクでご紹介中です。

飯田怜(いいだれい)怪我の理由や原因は?なぜクイーンズ駅伝で故障した?

スポンサーリンク