石川真佑の父親に母親など兄弟姉妹の家族まで可愛くてイケメン?卒業後の進路は?

スポンサーリンク

春高バレー2018年いよいよはじまります。

 

東京オリンピックも背景にありますから、盛り上がること間違いなし。

 

100倍楽しむための選手情報をお届けします。

 

春高バレーは2011年から春の全国高校バレー選手権として、1月開催となり、これまで出場できなかった3年生まで出場する大会になりました。

 

全国6400校の頂点を決める大会はこれまで数々の感動のドラマを生んできました。

 

この大会は全日本の選手の通過点、頭角を表す新星が現れるのか、はたまたバレー界のサラブレッド下北沢成徳高校石川真佑(いしかわまゆ)選手の活躍はいかに!

 

春1番高校生が躍動する姿が感動を呼びます。

 

スポンサーリンク

1月4日まであとわずか!

 

ということで今回は春高バレー2018年で最も注目されている女子選手、石川真佑選手について調べてみました。

 

父親母親など兄弟姉妹家族についてもご紹介したいと思います。

 

関連記事:春高バレー2018テレビ放送日程時間やネット配信中継スケジュールは?男女別予定も

 

石川真佑の経歴やプロフィール

■名前:石川真佑(いしかわまゆ)
■出身地:愛知県岡崎市
■生年月日:2000年5月14日
■血液型 AB型
■身長:173㎝以上(まだ成長しています。)
■体重:不明
■高校:下北沢成徳高校 (2016.2017春高バレー二連覇 大山加奈 荒木絵里香 木村沙織 黒後愛 を輩出している高校バレーの名門校)
■ポジション:ウィングスパイカー
■特記事項: 全国中学体育大会で優勝2回

 

 

父親や母親など兄弟姉妹について

 

父親は実業団の陸上選手、母親は実業団バスケットボールの選手。

 

6歳年上の姉と、姉の影響でバレーをはじめた5歳年上の兄祐希がいます。

 

祐希は全日本代表メンバーの超人気選手。

 

インターハイ、春高バレー、国体で優勝しています。

 

石川真佑選手は矢作南小学校から長野県裾花中学に進学しました。

 

裾花中学は西堀姉妹を輩出したバレーの有名高校ですから、すでに中学入学の時にはバレーボールで将来を見据えていたことになります。

 

中学でキャプテンとして、2度の全国制覇をなしとげると、その進路が注目を浴びます。

 

高校はバレーの名門下北沢成徳高校。

 

将来をさらに期待される注目選手になりました。

スポンサーリンク

 

1年生でレギュラー入りを果たした唯一の選手。

 

現在は2年生で黒後愛さんから引き継いだエースナンバーをつけています。尊敬している選手はお兄ちゃん。

 

かわいいですね。

 

お兄ちゃんて呼び方に胸キュンです。

 

イケメン兄の祐希選手は女子に好感度抜群。

 

なんと笑顔も真佑選手とよく似ています。ポジションも同じウイングスパイカーですね。

 

アタッカーとしては小柄な真佑さんですが、強烈なアタック力とブロックをかいくぐる素早い判断力を武器に、1年生4人を新たに加えた新生成徳を引っ張って行きます。

 

下北沢成徳高校には名将小川監督がいます。

 

選手の自主性を重んじる小川監督の下で司令塔真佑選手の闘いかたに目が離せません。

 

ライバルの八王子実践、文京大女子学園の動向にも注目して行きたいですね。

 

まだ高校生なので、プライベートの情報は少ないですね。

 

青春時代はバレーボール一色、ミライモンスターにも登場した将来を有望視されている選手ですが、大学に行くか社会人バレーボールチームに入るかはまだ未定です。

 

間違いなく両方からオファーが来るでしょう。

 

情報が入り次第アップ予定ですのでお待ち下さいね。

 

関連記事:石川祐希かわいいイケメン画像写真見ているだけで幸せ❤柳田将洋よりかっこいい?

スポンサーリンク