アジア大会岩崎恭子うるさいし解説ヘタでイライラムカつく?うざいし不快?

スポンサーリンク

2018年8月に開催されているアジア大会2018。

今年はインドネシアの首都・ジャカルタで開催され、40競技462種目でアジアのトップを競う熱き戦いが繰り広げられていますが、

TBSテレビで競泳(水泳)の解説を務めている岩崎恭子(いわさききょうこ)さんがキャーキャー騒いでうるさいというコメントがネットを騒がせています。

岩崎恭子さんといえば、1992年のバルセロナオリンピックの平泳ぎで金メダルを獲得した元水泳選手。

当時僅か14歳にしての金メダルに日本中は大騒ぎ。

岩崎恭子さんはそれだけではなく、オリンピック大会新記録での金メダルだっただけに、当時では日本で一番有名な中学生として注目もされていました。

スポンサーリンク

レース後の岩崎さんの

『今まで生きてきた中で一番うれしい!』

というコメントは日本中を沸かせたものでした。

そんな岩崎さんですが、今回のアジア大会2018では解説がうるさいと騒がれているだけでなく、コメントが下手でイライラするなどといった声がチラホラ聞こえてきています。

実際にそのような噂はあるのか調べてみたら、好反応より悪い反応の方が多いようです。

アジア大会2018バレーボールテレビ放送時間やネット配信動画スケジュールは?

競泳アジア大会2018テレビ放送日程時間や競泳ネット動画配信スケジュール!見逃しや再放送は?

スポンサーリンク

静かすぎても盛り上がらないし、かといって声が大きすぎてもうるさいと言われる。

実況中継というのは難しいもんです。

アジア大会2018池江璃花子テレビ放送時間&競泳出場スケジュール日程まとめ

スポンサーリンク