仮面ライダービルド最終回あらすじネタバレ&最後の結末予想!戦兎にカシラや玄徳など万丈どうなった?

スポンサーリンク

そろそろ仮面ライダービルドの最終回が迫ってきましたね。

ラストのクライマックスは一体どうなるのしょうか?

また、戦兎、カシラ、玄徳、万丈、そして内海らはどういう結末を迎えることになるのでしょうか?

このページでは仮面ライダービルドの結末予想と、放送後にはそのライダーたちは最後どうなったのかアップしたいと思います。

「でも、やっぱり動画で結末を観てみたい!」

そんな方にはauビデオパスで仮面ライダービルドを無料視聴できます。

ただし、auの携帯電話・スマートフォン・auひかりなどの回線契約がある人だけ対象です。

仮面ライダービルドは見放題対象作品となっているので、30日間のトライアル期間内であれば、第1話から最終回まで全話を視聴することができます。

auビデオパスはauがサービスを行っている動画配信サービスです。

月額たったの月額562円(税抜)でテレビドラマ、映画、アニメなど10,000本の作品を視聴できるサイト。

もちろんスマホでも視聴ができるので、ネット環境さえあれば場所を選びません。

一度、30日間のトライアルでお試しして、気に入らなければキャンセルしてもOK。

スポンサーリンク

料金は一切かかりません。

 無料でお試し!auビデオパスで仮面ライダービルド全話を観たい方はこちらをクリック!

 

仮面ライダービルドこれまでのあらすじ

この記事を書いているのは2018年6月9日現在です。

この時点での大まかなあらすじをご紹介したいと思います。

なお、仮面ライダービルドは第1章から3章までに分かれています。

まんぷく無料動画見逃し配信視聴!第1話~最終回までiPhoneやAndroidなどスマホで観る方法も

第1章(第1話 – 第16話)

初回の放送は10年前のシーンから。
日本の有人探査機が火星から、謎の箱パンドラボックスを発見し地球に持ち帰ったところから始まった。
しかし、探査機が帰還後、パンドラボックスから巨大な壁・スカイウォールが出現し、なんと我が国日本列島は3つの国に分断されてしまった。

それぞれ東都、西都、北都と名付けられたこの分断国家はスカイウォールの惨劇と呼ばれ、東都にはファウストと呼ばれる謎の組織が出現!

仮面ライダーシリーズとしてはなんともスケールの大きい内容にびっくりした人もいたのではないでしょうか?

そしてファウストはこれまた謎の生命体スマッシュを生み出し、東都の治安は悪化することに。
あれから10年。

現在の東都では、天才物理学者・桐生戦兎(きりゅうせんと)が仮面ライダービルドになり、スマッシュと戦い人類を守っていた。

しかし、桐生戦兎は自分が物理学者で、謎の組織に人体実験をされたという記憶しか覚えていない。

そう、過去の記憶を失っていたのだ。

そして、桐生戦兎は同じように人体実験を受けた万丈龍我と出会うことに。

しかし、戦兎は脱獄囚である万丈龍我を助けたという汚名で指名手配されてしまう。

戦兎と龍我はお互いに協力しながら、龍我は自分の冤罪を晴らす証拠を、

戦兎は自分の過去を追い求めながらファウストと戦うことになる。

そして戦兎は自分を改造したのがファウストの幹部であるナイトローグでだとあると言う事実を掴む。

しかもナイトローグはなんと東都政府の首相代理の氷室幻徳だった!

と、龍我に殺陣の罪を着せたのは喫茶店のマスター石動惣一で、ナイトローグのブラッドスタークというドロドロの関係も発覚!

誰を信じてよいのか分からないストーリーは先を読めない展開へと突入するのだ。

 無料でお試し!auビデオパスで仮面ライダービルドを観たい方は今すぐこちらをクリック!

第2章(第17話 – 第28話)

3つの国に分断された日本は、北都が東都を侵略していた。

仮面ライダーを軍事兵器として使おうとする北都。

しかし戦兎はこの戦略に首を縦に振らず、北都のスマッシュの進化形である3体のハードスマッシュと戦うことに。

第二章ではビルドドライバーより強力なスクラッシュドライバーがあったが、これには変身すると攻撃的になってしまうという副作用が伴うため戦兎は使うつもりはなかった。

しかし、スクラッシュドライバーなしでハードスマッシュには到底勝てない。

スポンサーリンク

そう考えた龍我はスクラッシュドライバーを使い仮面ライダークローズチャージへと変身する。

これで圧倒的な強さで勝つと思われたが、スクラッシュドライバーを持つ北都の仮面ライダーグリス(猿渡一海)が登場。

東都政府側の戦兎と龍我はまた劣勢に立たされることとなる。

スクラッシュドライバーを多用した龍我は、ドライバーの副作用で暴走してしまう。

戦兎はハザードトリガーを手に入れハザードフォームへと変身。

しかし、戦兎自身もハザードトリガーの副作用で暴走するはめになり、三羽ガラスの青羽を殺してしまう。

東都首相である氷室泰山は北都政府との交渉により、それぞれの政府の仮面ライダーが1対1の対決で決着をつけようという取り決めを行うことに。

しかし戦兎は「もう戦いたくない」とこれを拒否。

なんとか戦兎を戦わせようと惣一は彼を説得。

代表戦で戦兎は勝利するも、またしても副作用で暴走!

一海を殺害しそうになるもなんとか正気に戻る。

北都との代表戦で勝利した東都だったが、今度は西都が東都に宣戦布告。

そして西都はあっさりと西都を手に入れる。

ここで新しい西都のライダー、仮面ライダーローグが登場!

しかし彼は東都を追放された幻徳だったことが判明

西都の軍門に降ってしまった幻徳は、ボトルを手に入れてパンドラボックスを開こうとするが、戦兎と一海と三羽ガラスの赤羽でそれを阻止。

しかしこの時仮面ライダーローグの攻撃を受けて赤羽は消滅してしまうことに(T_T)。

結局第2章では、東都・北都連合と西都の3対3の代表戦で激突!

第1戦:一海がエンジンブロスに勝利!

第2戦:龍我がヘルブロスに龍我が敗北。

第3戦:戦兎が仮面ライダーローグに勝利!

そして難波は西都の新首相となった。

 無料でお試し!auビデオパスで仮面ライダービルドを観たい方は今すぐこちらをクリック!

第3章 エボルト編(第29話 – 最終回 )

御堂に成り代わった難波はマスコミを利用して代表戦の結果を西都の勝利と捻じ曲げることで、東都との約束を反故にして東都に侵攻する。

一方で、スタークはパンドラボックスの力によってスカイウォールをパンドラタワーと呼ばれる塔に変える。

そして、ボトルを奪おうとスタークは鷲尾兄弟を従えて戦兎たちの元に現れ、美空を人質に取り、ボトルを要求するが、美空は再び謎の力が覚醒し、スタークを退ける。その力の源は、美空に憑依した火星の王妃であるベルナージュによるものであった。

だが、彼女は自分の魂はいつか消えるかも知れない状態であると語る。

戦兎はパンドラボックスを取り返し、それをベルナージュに代わる抑止力にするため、泰山と交渉してビルドの軍事兵器の起用を解除させ、東都政府とは無関係な仮面ライダーとして西都に攻め込む。それに同行した龍我は、戦兎の危機を目の前にして仮面ライダークローズマグマへのパワーアップを果たし、スタークからパンドラボックスを奪回し、戦争を終わらせる交渉の材料として泰山に渡す。

そんな中、紗羽が龍我の生い立ちを調べた結果、龍我の遺伝子構造が通常の人間とは違うことが判明し、そのことを戦兎たちから告げられた龍我は、自分が人間ではないかもしれないという事実に苦悩するが、最終的には人間として愛と平和のために戦うことを決意する。また、惣一もベルナージュと同じ火星の生命体・エボルトに体を乗っ取られており、今までの行動はすべてエボルトの意思によるものであることが判明した。

一方でエボルトこと惣一は、幻徳に泰山を拉致させ、究極のドライバーであるエボルドライバーを渡すよう戦兎に要求する。

戦兎は密かにエボルトへの反逆の機を伺う幻徳と手を組み、自分の父親である葛城忍の研究データを基にエボルドライバーの在り処を突き止め、ドライバーを餌にして泰山を奪還する。ドライバーは最終的に内海に奪われてそのまま惣一の手に渡ってしまい、惣一は仮面ライダーエボルに変身し幻徳を始末しようとするが、泰山がエボルの攻撃から幻徳を庇い、彼の腕の中で息を引き取る。

エボルはさらに、地球上には存在しない毒を戦兎に打ち込み、解毒と引き換えにパンドラボックスと東都のボトル全てを要求する。

取引に応じた龍我はハザードレベルを上昇させエボルを倒すが、それはエボルトの仕組んだ罠で、龍我はエボルトに体を乗っ取られてしまい、エボル ドラゴンフォームへと変身する。撤退した戦兎は最後のボトルを持つ幻徳と共闘を持ちかけるがそこに龍我(エボルト)が襲撃。

最後のボトルが奪われてしまい遂にパンドラボックスが開かれ、パンドラタワーも完成してしまう。エボルは勝ち誇り、パンドラボックスからエボルトリガーを生成するが、力を失ったエボルトリガーを使用しても何も起こらなかった。

美空に憑依したベルナージュはパンドラボックスを奪い、戦兎たちをその場から撤退させ、成分の消えたフルボトルを復活させると、戦兎はパンドラボックスを利用しあるアイテムを作成する。西都軍が再び襲撃し、戦兎はパンドラボックスから作成したアイテムでエボルトと共に自爆を試みるが失敗。

今度は戦兎にエボルトが憑依してしまい、エボル ラビットフォームへと変身する。エボルトから解放された龍我は変身しようとするが、エボルトの遺伝子が消えていたため変身できなくなっていた。

その後再びエボルと対峙、パンドラボックスを渡さなければ戦兎の人格を消すと脅迫してくる。ローグも合流し、龍我はエボルからドラゴンエボルボトルを奪い立ち向かう。絶対に諦めない龍我の強い思いがドラゴンエボルボトルに通じ始め、ドラゴンエボルボトルが変化したことで生まれたグレートドラゴンフルボトルをクローズドラゴンに使用。仮面ライダーグレートクローズへと変身するが、エボルはクローズらのキックを利用してエボルトリガーの力を復活させ、完全体であるエボル ブラックホールフォームへと変身してしまう。

同時に戦兎はエボルトから解放されたが、「桐生戦兎」としての記憶は失われており、「葛城巧」としての記憶が蘇っていた。

力を取り戻したエボルトは難波会長に自身が国のリーダーとなることを宣言。エボルトに仲間になれと要求された内海は幻徳に共に戦ってほしいと願い出るが西都と共に戦うことはできないと拒否する。

エボルトの要求を拒否した難波会長らは極限まで強化したリモコン・エンジンブロスを差し向ける。ビルド、クローズ、ローグも参戦するが、完全体エボルの圧倒的な力の前に圧倒され、エンジンブロスは消滅、リモコンブロスもヘルブロスとなって立ち向かうも歯が立たず、エボルのキックから龍我を庇って消滅。さらにエボルは難波会長の元へ瞬間移動し、内海はモニターで難波会長が消滅させられる所を目の当たりにする。

エボルは内海に難波の復讐か俺に忠誠を誓うか選べと迫るが、不気味な笑いを浮かべた内海はエボルに忠誠を誓うことを決意。もう一本のエボルドライバーで仮面ライダーマッドローグへと変身する。

引用:wikipedia

仮面ライダービルド最終回のあらすじ&最後の結末予想

色んなパターンを予想してみたのですが、ツイッターでも話題になっているようです。

 

万丈が戦兎の代わりに仮面ライダーとして戦い続けるなんて面白い予想ですね(笑)。

 無料でお試し!auビデオパスで仮面ライダービルド全話を観たい方は今すぐこちらをクリック!

仮面ライダービルド最終回ネタバレ&最後の結末

最終回が放送終了後にアップ予定ですのでお待ち下さい。

スポンサーリンク