公開日:

倉田朱里かわいいバレーのWiki風プロフィール!母親や父親など兄弟姉妹の家族は?

スポンサーリンク

突然ですが、倉田朱里(くらたしゅり)さんってご存知ですか?

 

2018年1月の時点ではまだ知名度は低いのですが、

 

全日本バレーボール(U-18)のメンバーに選出されるなど、将来日本のバレーボール界を担う逸材として期待されている選手なんです。

 

かわいいと評判なので、Vリーグに入ったら大ブレイクするかもしれませんね。

 

今回はそんな笑顔キュートかわいい倉田朱里選手プロフィールや、バレーボールを始めたきっかけを調べてみました。

 

関連記事:中川美柚かわいいバレーの両親や家族は?身長など経歴やプロフィールも

 

倉田朱里選手のプロフィール

■名前:倉田朱里(クラタ シュリ)
■出身地:東京都
■生年月日:2000.11.22
■血液型:不明
■身長:169cm
■体重:57kg
■高校:駿台学園高校
■ポジション :セッター

関連記事:伊藤麻緒かわいいバレー選手のWiki風プロフィール!身長や体重に経歴も!

 

〈倉田選手がバレーボールを始めたきっかけ〉

倉田朱里選手がバレーボールをはじめたのは、小学校2年生の時です。

スポンサーリンク

 

どうやらお母さんがバレーボールをしていた背景があるようですね。

 

ぽっちゃり気味の娘を心配したお母さんが、乗り気じゃなかった倉田選手をつれて荒川区の瑞光バレーボールクラブを訪れたのが始めたきっかけのようです。

 

倉田選手はそのバレーボールクラブの18期生。

 

小学生だけのチームです。

 

 

その後はクラブチームの先輩がいた駿台中学の練習に参加して、入学を決めました。

 

そこで、バレーボールの楽しさを知ったそうです。

 

小学校の時にはスパイカーでしたが、中学2からコーチの勧めでセッターに変更。

 

セッターとしての素質は十分で、どちらもできる選手に成長しました。

 

2015年10月には全日本中学バレー2次選抜強化合宿に召集されました。

 

2016年にはオールスタージュニアドリームマッチにも出場。

 

中学3年生の時に出場した29回全国都道府県中学対抗女子バレーでは、ベストセッター賞を受賞しています。

 

JOC31回中学選抜バレーでもベストセッター賞を受賞。

 

その頃の倉田選手と全日本バレー男子エースの石川祐希選手の妹・石川真佑さんとのツーショット写真もネットにアップされています。

 

2人とももちろんショートカット、同じ13番、背格好も同じ。

 

意気投合って感じで笑顔がキラキラのかわいい二人です。

 

このあとの地区大会から、都大会を経験し全国大会へも出場。

スポンサーリンク

 

「ここまできたら、もっと上のレベルに行きたい、いろいろな世界を知りたい」と、バレーボール専門紙でコメントしていました。

関連記事:曽我啓菜(はるな)かわいいバレー選手のプロフィール!経歴や中学時代も

 

〈倉田選手駿台高校に進学〉

 

倉田選手は高校1年生の時にアジアユース女子選手権大会のメンバーに選ばれています。

 

「ほんとうに自分でいいのか、チームの足手まといになるのでは」と、不安があったそうです。

 

[the_ad id=”10″]

アジアユースでの倉田選手はニュージーランド戦で、第2セットからコートに入り、飛躍的な活躍をみせていました。

 

大量リードしたまま第3セットも倉田はコートに残り、存在感を発揮しました。

 

憧れの選手は金蘭会高校の中川つかさ選手。

 

同じセッターですね。

 

同年齢の中川つかさ選手の目線やボールへの入り方、コンビの合わせ方を見ているのだそうです。

 

駿台高校はスポーツに力を入れている私学高校で、スペシャリストコースがあります。

 

スペシャリストコースに入ると授業時間の短縮や、授業内容でも優遇されるなど、スポーツを続けて行きやすい環境を作っています。

 

駿台高校女子は東京都大会でベスト4で敗退し、残念ながら春高バレーには出場できませんでした(金蘭会高校女子バレーが2018年春高バレーで優勝)。

 

男子は昨年三冠をとりましたが、今年は初戦で敗退しています。

 

2018年、倉田選手にとっては高校生活最後の年がスタート。

 

2019年の春高バレーでは倉田選手の活躍する姿を見てみたいですね。

 

ファイト倉田選手!

 

応援しています!

関連記事:水杉玲奈かわいいWiki風プロフィール!中学時代バレーの経歴や性格も

スポンサーリンク


}