中田久美監督全日本女子バレーボールはなぜ強い?何が変わった?理由や秘密も

スポンサーリンク

 

いや~、予想以上に中田久美監督率いる全日本女子バレーボールチームが強いですね。

 

でもなぜ中田ジャやパンはここまで強くなったのでしょうか。

 

2017年7月16日に宮城県仙台市で開催されたワールドグランプリ2017で世界ランク4位のブラジルに勝利!

スポンサーリンク

 

高さとパワーのあるブラジルには二度と勝てないんじゃないかとまで言われてたのに、ここで撃破できたのは選手の自身にも繋がるので物凄く意味のある1勝でした。

 

何といってもブラジルは前回のグラチャン王者ですからね。

 

しかもそのチームをフルセットにまで持ち込んでの勝利は大きい勝利でした。

 

そして昨日、9月6日は宿敵韓国との試合。

 

世界ランキングは日本の方が上だが、リオデジャネイロオリンピック予選では負けている相手で、韓国戦のあと調子が悪くなってしまう全日本女子バレーボールチーム。

 

スポンサーリンク

しかも今回の韓国はキム・ヨンギョンなど主力メンバーが相次いで欠場し、負けるわけには行かない戦い。

 

しかし蓋を開けてみると3-0でのストレート勝ち!

 

ブラジル戦での実力は本物だったということを証明した試合でもありました。

 

でも一体なぜ全日本女子バレーボールチームは突然強くなったのでしょうか?

 

中田久美監督になって何が変わったのでしょうか?

 

今回はその秘密理由、そして要因ついて調べてみました。

次のページへ続く

グラチャンバレー2017選抜代表メンバー全日本男子&女子一覧まとめ!注目選手背番号も

スポンサーリンク