公開日:

沖縄県知事選挙2018候補者は誰?自民与党や野党公認&政策や発言について

スポンサーリンク

2018年9月30日(日)に投開票を予定している沖縄県知事選挙

前翁長雄志(おながたけし)知事の死去に伴い突如早まった知事選挙ですが、ようやく候補者が決まったようです。

このページではその沖縄県知事選挙の候補者の経歴やプロフィール、そして政策過去の発言についてまとめてみました。

アジア大会岩崎恭子うるさいし解説ヘタでイライラムカつく?うざいし不快?

クリックで好きな項目へ移動

2018年沖縄知事選挙候補者

佐喜真淳

  • 名前:佐喜眞淳(さきま あつし)
  • 生年月日:1964年8月9日
  • 学歴:千葉商科大学商経学部
  • 前職:沖縄県宜野湾市長(2012年2月13日 – 2018年8月18日)
  • 所属政党:無所属(前:自由民主党)

沖縄県宜野湾市出身の佐喜眞淳候補は千葉商科大学を卒業後、フランスに8年間も留学するという経歴を持っています。

スポンサーリンク

具体的にどんな留学だったのかは確認が取れませんでしたが、帰国後1997年1月からは旅行会社へ入社。

その後2001年7月に宜野湾市議会議員へ立候補し初当選。

宜野湾市議会議員は2期を努め、2006年に沖縄県議会議員に立候補し見事当選。

2012には宜野湾市長へと就任し、6年7ヶ月間市長を務めました。

ちなみに市長退任は沖縄県知事選挙出馬のため、佐喜眞淳氏自らの辞職願での退任となりました。

普天間飛行場については「県内、県外、国外を問わず全ての可能性を含め、一日も早い閉鎖・返還を図るべきだ」という考え。

辺野古への移設に関しては容認派だと言われているが、この記事を書いている時点では、今回の知事選挙では辺野古への移設に関して賛成であるとは発表していない。

自民・公明の与党はなんとしても佐喜眞淳候補に当選して欲しいところ。

自民党議員の応援演説や、日程が許すのであれば安倍晋三首相が沖縄へ行き、応援演説をするのかに注目が集まるだろう。

アジア大会2018池江璃花子テレビ放送時間&競泳出場スケジュール日程まとめ

玉城デニー

  • 名前:玉城デニー
  • 本名:玉城 康裕(たまき やすひろ)
  • 生年月日:1959年10月13日生まれ
  • 出身地:沖縄県与那城村
  • 年齢:58歳
  • 学歴:上智社会福祉専門学校
  • 前職:沖縄市議会議員
  • 所属政党:自由党

沖縄県与那城村生まれの玉城デニー候補は沖縄に駐留していた米兵と日本人のハーフ。

現地ではタレントとしても有名で、2002年9月の沖縄市議会議員選挙で初当選。

スポンサーリンク

2009年には民主党公認として衆議院選挙へ出馬し当選。

しかし、2012年のた消費増税法案に反対票を投じ、7月には離党届を提出し民主党を離党。

その後は、国民の生活が第一 →日本未来の党 → 生活の党 → 生活の党と山本太郎となかまたち → 自由党と政党を渡り歩いている。

玉城デニー候補は翁長前知事が亡くなる数日前に残した音声記録に後継候補の一人として名前が挙がっていた人物で、オール沖縄派としての立候補。

とはいっても全くオール沖縄ではない自称オール沖縄なのだが、辺野古への飛行場移設には反対の姿勢を示している。

 

亡き翁長前知事とともに辺野古基地移設反対を唱える玉城デニー候補。

 

今回の知事選挙とは関係ないが、衆議院議員時代に憲法9条反対デモに参加した玉城デニー候補。

 


これだけで玉城デニー氏が左翼的政策論者だということがよくわかったのではないでしょうか。

佐喜真淳候補と玉城デニー候補、どちらが勝利するのか注目が集まっていますが、辺野古基地反対派の玉城デニー候補が勝てば、基地移設問題は更に長引きそう。

辺野古基地建設を知事権限でさせないのは法的に違法なので、玉城デニーが勝利したとしたら今後の動向に注目です。

仮面ライダージオウの感想は面白い or つまらない?評判や意見とアンケートまとめ

スポンサーリンク


}