公開日:

オポジットとはどういう意味?バレーボールでの役割やポジションについて

スポンサーリンク

 

最近グラチャンバレーや世界バレーボール大会をテレビで観ていると、解説の方がオポジットと言っているのですが意味が分かりませんん。

 

オポジットとはどういう意味や役割を持っているのでしょうか。

 

教えてください。

スポンサーリンク

 

清水邦広グラチャンバレー2017いない理由は落選?代表落ちはケガや病気か?

石川祐希グラチャンバレーいないのはなぜ?ベンチ欠場理由や原因は膝の怪我?復帰はいつ?

 

回答

 

オポジットとはバレーボールのポジションの一つで、守備には加わらず攻撃のみに専念する選手のことを意味します。

 

別名、スーパーエース、又は、ユニバーサルとも言われており、現代ではバックアタックができる選手が重要視もされています。

 

こう説明すると、攻撃力があって守備が苦手な選手がオポジットになると勘違いされる方がいるようです。

 

バレーボールの戦術は日々進化しており、オポジットは1980年代にアメリカ男子代表チームが導入したものだと言われています。

スポンサーリンク

 

このシステムは本来ミドルブロッカーのブロック力向上を目的としたシステムの導入、そしてそこからのアタックで攻撃を強化させることにありました。

 

しかし、いつの頃からか日本ではレシーブを苦手とする守備力の弱い選手がオポジットとして使われるようになっていったんです。

 

そのため少しチームのバランスが崩れたり、全日本のように普段から同じチームでプレーしていない選手が集まったチームだと息が合わずガタガタになってしまうことがあるんです。

 

前述したとおり、バレーボールの戦術は日々進化しています。

 

監督によってガラッと選手の起用方法が変わりますし、20年後、30年後にはオポジットの役割はまた違ったものになっているかも知れません。

 

その他関連記事もぜひご覧ください。

全日本男子バレーボール2017世界ランキング順位は何位?アジアトップは?

イタリア男子バレーボール代表かっこいいイケメン選手メンバー&背番号まとめ!グラチャン2017

スポンサーリンク


}