島村春世のデカいお尻と太ももの筋肉が好み?代表選抜落ちはなし?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カルビー(株) かっぱえびせん 26g【イージャパンモール】
価格:36円(税込、送料別) (2018/2/27時点)


 

2017年3月、中田久美監督は全日本女子バレーボールメンバーにミドルブロッカーの島村春世(しまむらはるよを招聘しましたね。

 

前回の眞鍋ジャパンの時には島村の素早いクイック攻撃がまるで忍者のようだとテレビメディアは絶賛。

 

彼女のチームに対する貢献度を考えると、今回のメンバー登録も当然のことといえば当然です。

 

しかし、中田久美監督は2017年のグラチャンバレー後には更にメンバーを絞る意向のよう。

 

島村春世と同じミドルブロッカーの選手は下記のとおりです。

 

  • 荒木絵里香(186cm)ロンドン&リオオリンピック出場
  • 松本亜弥華(188cm・上尾)
  • 岩坂名奈(187cm・久光製薬)主将
  • 奥村麻依(177cm・JT)
  • 島村春世(182cm・NEC)  リオオリンピック五輪出場
  • 大野果奈(180cm・NEC)

 

定員が3名だとすると余程調子が悪くない限り主将である岩坂名奈は確実に代表に合格するでしょう。

 

久光製薬スプリングス時代の教え子で、中田監督からの信頼も熱い選手。

 

荒木絵里香は現在36歳で、2020年の東京オリンピックでは39歳。

 

長期的な視野でチームづくりをするなら代表落ちの可能性は高いと思われます。

 

180センチ台のミドルブロッカーを集めたということは中田監督は身長の高い海外に対応するチームづくりを考えているようも見えます。

 

島村春世は年齢的には問題ないけれど、ブロックの高さという点では低い方。

 

あとはグラチャンバレーの調子次第で起用か、それともメンバー落ちになるか決まるのではないかと思います。

 

今回はそんな島村春世選手の経歴やプロフィールをまとめてみました。

次のページへ続く

検索 全日本女子バレーボール 全日本女子バレーボール2017世界ランキングは何位?最新の中国や韓国の順位は?