世界バレー2018なぜ竹内涼真が応援?どうしてなのか理由と解説の感想や反応も

スポンサーリンク

日本女子バレーボール代表チームが世界バレー2018で絶好調ですね。

そしてこの10月8日(日・祝)の日の対プエルトリコ戦に応援のゲスト解説として俳優竹内涼真(たけうち りょうま)さんが出演するそうです。

でもどうして竹内涼真さんがバレーボールの応援に駆けつけるの?

なぜだか理由がわからない。

って人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク


竹内涼真さんはプロのサッカー選手を目指していたほどのサッカー好きで、スポーツ万能というのは知られていますよね。

そこで今回はなぜ竹内涼真さんが世界バレー2018のゲスト解説として呼ばれたのかご紹介したいと思います。

世界バレー2018日本VSプエルトリコ結果速報&試合リアルタイム!スタメン10月8日途中経過も

プエルトリコ女子バレー世界ランキング2018年!世界バレーはサンタナ&エンライトに要注意

竹内涼真はなぜ世界バレーに出演した?

 

View this post on Instagram

 

#写真展unreleased 仙台PARCO 明日までです❗️☺️ まだ行かれてない皆様 是非是非❗️ #写真集RyomaTakeuchi

竹内涼真さん(@takeuchi_ryoma)がシェアした投稿 –

  • 名前:竹内涼真(たけうちりょうま)
  • 本名:竹内崚(たけうち りょう)
  • 生年月日:1993年4月26日生まれ
  • 年齢:25歳(2018年10月現在)
  • 出生地:東京都
  • 身長:185 cm
  • 血液型:A型
  • 事務所事務所:ホリプロ

まだ放送前なのであくまでも予想ですが、竹内涼真(たけうち りょうま)さんが世界バレーにゲスト出演したのは、10月14日(日)から始まるドラマ「下町ロケット」の番組宣伝でしょう。


竹内涼真(たけうち りょうま)さんはこのドラマで佃製作所技術開発部に務める立花洋介(たちばなようすけ)を演じています。

技術開発部の若手技術者。真正直すぎて冗談が通じないところがあるが、手抜きがなく信頼のできる熱い男。「ガウディ計画」では、チームのリーダーとなり、重責を感じながらも、ただひたすら実直に開発に没頭した。 ロケットチームに入るため、自主的に勉強をしている中、佃製作所が新規事業として参入するトラクターのトランスミッションに使われるバルブの開発チームに加わることに。しかし、チームリーダーの軽部と意見が対立して……。

引用:http://www.tbs.co.jp

下町ロケットといえば、3年前の2015年に高視聴率を収めたドラマの続編。

今回では阿部寛演じる佃航平の会社が、農機具用の小型エンジンの取引削減にぶち当たり、新しくトランスミッションを開発していくというストーリー。

しかしトランスミッションを開発していく中新たな問題が勃発。

スポンサーリンク

前回以上の面白いストーリーになっています。

また、今回新たにイモトアヤコや古舘伊知郎などのキャストも起用するなど、今秋話題のドラマです。

下町ロケット2イモトアヤコの演技力は上手い?シリアスな顔の表情が予想外に最高?

世界バレー2018竹内涼真出演の反応や感想


さすがに放送前からすごく話題になっていました。

でもバレーボールに詳しいのかなー。

スポーツの試合にジャニーズを呼んだ時はけっこう賛否両論で話題になりましたよね。

私個人としては、芸能人を呼ぶのはあまり好きじゃないんですよねー。

オルティス美人&かわいいプエルトリコ女子バレー12番!の水着画像や彼氏にプロフィール

スポンサーリンク