2020年東京オリンピックテレビ放送日程時間やネット配信中継スケジュール

スポンサーリンク

 

2020年の夏に開催される東京五輪に向けて大会会場や交通機関、テロ対策に宿泊施設など様々な問題が取り沙汰され開催を危ぶむ声が出ている一方、テレビ放送に関する問題は着々と進められ、インターネット配信中継への新たな取組みもスタートしている。

 

ネット配信中継の利点は見逃し配信が利用できることだ。

 

オンデマンド方式なので、競技開始時間に間に合わなかったとしても始めからリアルタイム感覚で視聴できる

 

時差のある前回のリオ五輪とは違い、2020年の東京オリンピックは日本時間の昼間にテレビ放送されため、ネットでライブ中継される試合見たさに仕事をほったらかしにするサラリーマンやOLも出てきそうだ。

スポンサーリンク

 

そこで注目されるのが現行の2Kの4倍の画素数で表示される4Kテレビと、16倍の画素数で表示できる8Kテレビ放送。

 

簡単に説明すると、大画面テレビでもきめの細かい美しいリアルな映像で東京オリンピックが楽しめるわけだが、日本政府はこの2つの放送を2020年の東京オリンピックまでには一般家庭に普及させようとしている。

 

そのための試験的運用として実施されるのが2018年冬に開催される平昌オリンピック。

 

2017年7月21日、高市早苗総務相は記者会見でNHKが総務省に申請していた2月に開催される平昌冬季五輪の競技映像の放送とインターネットの同時配信について条件付きで認可することは適当との認識を示しました。

 

これは2020年東京五輪&パラリンピックを見据えて、アクセス負荷の状況を確認するための試験的運用でもある。

 

この記事を書いている2017年現在では2020年東京オリンピックのテレビ放送スケジュールやネット配信が無料で放送されるかは決まっていないものの、日本政府は本格的運用に着手し始めました。

 

既にスマホでも4K対応の端末が発売されているので、2020年までにはiPhoneやAndroidのスマートフォンでも4Kで視聴が出来るようになるでしょう。

 

関連記事:2020年東京オリンピックiPhone無料ネット配信やAndroidスマホアプリは?

スポンサーリンク

 

2020年東京オリンピック競技種目

 

4K&8Kでのインターネット配信中継が行われるとなれば、ライブでしかも全競技全種目の放送が可能となります。

 

2020年東京オリンピック五輪では下記の28の正式競技で321種目が実施される予定です(追加競技や種目も予定されています)。

 

水泳 ボート
アーチェリー ラグビー
陸上競技 セーリング
バドミントン スポーツ射撃
バスケットボール 卓球
ボクシング テコンドー
カヌー テニス
自転車競技 トライアスロン
馬術 バレーボール
フェンシング ウェイトリフティング
ホッケー レスリング
ゴルフ 野球
サッカー ソフトボール
体操 空手
ハンドボール ローラースポーツ
柔道 スポーツクライミング
近代五種 サーフィン

 

関連記事:2018年世界バレー女子テレビ放送日程時間やネット配信中継スケジュールは?

 

テレビ放送日程やネット配信中継スケジュール

 

2017年現在、まだ各テレビ局がどのスポーツの放映権を獲得しているかの発表はされていません。

 

資金力で勝るNHKが地上波&BS+ネット配信で中継されると思われ、その他民放では日テレ、テレビ朝日、TBS、東京テレビ、フジテレビが共同でインターネット配信中継を予定しています。

 

民放は人気のある種目の放映権を争い、NHKはメジャーでない競技を取り扱うと思われます。

 

各局の放送スケジュールに関しましては発表され次第アップ予定ですのでお待ち下さい。

関連記事:世界バレー2018男子テレビ放送日程時間&ネット配信中継スケジュール

スポンサーリンク