公開日: 更新日:

全日本男子バレーボール次期主将候補やエースは誰?予想と歴代キャプテンも!

スポンサーリンク

 

全日本バレーボール男子チームメンバーは女子と比べると残念ながら世界レベルとはいえないのが現状です。

 

しかし2017年6月に開催されたFIVBワールドリーグ2017ではチームの歯車が上手く機能し、ファイナル4へ進出。

 

最終順位も2位と言葉は良くないのですが予想外の活躍と結果でした。

 

スポンサーリンク

石川祐希(いしかわゆうき選手や柳田将洋(やなぎだまさひろ選手の活躍はもちろんのこと

 

一番の収穫はミドルブロッカーの李博(りはく)選手

 

テレビメディアでは石川と柳田両選手ばかりで彼の事はほとんど取り上げられていませんが、アタッカーとしても使うことができ、彼のもつ相手チームを翻弄するサーブは特に注目です。

 

また、東レアローズに所属するセッターの藤井直伸(ふじいなおのぶ)選手も急成長。

 

女子チーム同様、男子バレーボールチームも2020年の東京オリンピックまでには世代交代が進みそうで、選抜の代表を賭けた戦いとも言えるでしょう。

 

登録選手が多いのでメンバー落ちしないだけでも必死です。

 

現在チームの主将(キャプテン)はセッターの深津英臣(ふかつひでおみ)選手。

 

スポンサーリンク

2018年に主将は深津英臣選手から柳田将洋(やなぎだまさひろ)選手に変わりました。

 

変更理由につきましては下記リンクをご参照ください。

 

中垣内監督が述べています。

柳田将洋キャプテン起用や変更理由とは?なぜ深津英臣は主将を降ろされたのか

 

エースはスパイカーの石川祐希(いしかわゆうき)選手です。

 

石川祐希選手は2020年の東京オリンピック後に次期主将になれるのかも?と思っていたのですが、このまま柳田選手で行きそうです。

 

その他キャプテンとしてふさわしい選手がいるのかも考察しながら男子メンバーをご紹介したいと思います。

 

次のページへ続く

ネーションズリーグ代表落ち選手やスタメン選抜メンバーにいない選手は誰?男子&女子

スポンサーリンク


}