竹内涼真が髄膜炎で半年間入院していた?大病の病気を小学校5~6年生のときに

スポンサーリンク

イケメン俳優で有名な竹内涼真(たけうち りょうま)さんが髄膜炎で入院していたことを暴露!

まさかのこの報道にファンもビックリ!

この話は2018年10月8日(月・祝)に開催された世界バレー2018のゲストで登場したときだった。

主音声ではなく副音声で放送されていたこのゲストに竹内涼真(たけうち りょうま)さんは登場。

スポンサーリンク

元全日本男子バレーボールのキャプテンだった山本隆弘(やまもとたかひろ)さん解説に、同じホリプロの小島瑠璃子(こじまるりこ)さんもゲストで登場。

山本隆弘さんが、「身長が一番伸びた時期は中学の3年間で34センチだった」と驚愕の事実を明かした後、竹内涼真(たけうち りょうま)さんにも同じ質問をした時に回答。

小学校5~6年生の時に一番身長が伸びた竹内涼真さんでしたが、その理由が髄膜炎で半年間寝たきりになっていたことが理由だったと明かしました。

まさかのこの告白に、山本隆弘さんと小島瑠璃子さんも大驚き。

でもこの髄膜炎、結構危ない病気みたいです。

下町ロケット古舘伊知郎の演技力は上手い or 下手でイマイチ不自然?感想や評判まとめ

髄膜炎とは

脳や脊髄は、髄膜と呼ばれる膜によって保護されており、髄膜と脳・脊髄の間は髄液という液体で満たされています。髄膜炎とは、髄膜および髄液に炎症が生じる病気を指します。

髄膜炎は、主にウイルスや細菌などに感染することを原因として発症します 。また、悪性腫瘍や自己免疫疾患、薬剤などが原因となって引き起こされることもあります。

髄膜炎を発症すると、長期的な後遺症を残したり死に至ることもあるため、早期の診断と治療が必要です。

髄膜炎は、原因によって大きく感染性と非感染性に分けられます。

ウイルスや細菌、真菌(カンジダやアスペルギルスなど)、結核などが原因となります。

ウイルス性髄膜炎

原因となるウイルスはさまざまですが、夏風邪の代表ウイルスであるエンテロウイルスが大多数を占めます。その他、おたふく風邪の原因ウイルスであるムンプスウイルスや、性感染症を引き起こすヘルペスウイルス(特に2型)やHIVなどのウイルスがあります。また、予防接種に導入されている日本脳炎の原因ウイルスも髄膜炎を発症させることがあります。

性感染症を引き起こすヘルペスウイルスやHIVウイルスに伴う髄膜炎は、他のウイルスによる髄膜炎よりも治療が難しいことがあり、より慎重な対応が必要です。

細菌性髄膜炎

ウイルス性に比べ頻度はまれですが、合併症が発生したり、死亡に至ることが多いとされています。細菌性髄膜炎の特徴は、年齢に応じて原因となる細菌が異なることです。

新生児は、主に母体の膣を通って出生します。そのため、新生児の髄膜炎は、膣によくみられるB群連鎖球菌や大腸菌などが原因となることが多いです。乳児期中盤以降は、少しずつ行動範囲が広がることから、気道感染の一般的な原因である肺炎球菌やインフルエンザ桿菌(Hib)による髄膜炎が増えてきます。学童期から50歳頃までの髄膜炎は、肺炎球菌が原因となることが多くなっています。さらに年齢を重ねると、大腸菌や緑膿菌といった細菌を原因とする髄膜炎が少しずつ増加します。

成人ではがんの併発や外傷、外科手術などの要素が絡むこともあり、原因となる細菌は小児期と比べて複雑な傾向にあります。

その他

真菌(カンジダ、クリプトコッカス、アスペルギルスなど)や結核等も髄膜炎の原因となりますが、特殊な背景を伴うことが多いです。真菌による髄膜炎は、免疫機能が落ちた状況でみられることが多いです。たとえば、ステロイドを長期に内服している場合や抗がん剤治療を受けている場合などにみられます。結核においても免疫機能との関連性は重要で、免疫力が落ちている状況で髄膜炎を発症しやすくなります。

このほか、ダニに咬まれることで感染するライム病や性感染症のひとつである梅毒など、患者さんの病歴に関連した多くの原因が挙げられます。

引用:https://medicalnote.jp/diseases

 

スポンサーリンク

しかし、一番反応したのはネットだった。

下町ロケット2イモトアヤコの演技力は上手い?シリアスな顔の表情が予想外に最高?

スポンサーリンク