公開日:

山岸あかねがかわいい!両親や姉など家族構成にプロフィールやバレー経歴も

スポンサーリンク

2018年、全日本女子バレーボールのメンバーに山岸あかねさんが選ばれました。

 

おめでとうございます!

 

とはいってもまだまだ代表メンバーに選ばれたわけではありません。

 

全日本女子のリベロにはなんと5名もの選手が登用されています。

 

山岸あかね選手の他に井上琴絵、小幡真子、中川有美、そして戸江真奈さんがいます。

 

スポンサーリンク

おそらく中田久美監督は5月中旬から始まるネーションズリーグには2名を選ぶでしょう。

 

多くても3名。

 

3名であれば山岸あかね選手が選ばれる可能性はありますが、2名であれば代表落ちになるかもしれません。

 

数日中にも発表されることでしょう。

 

今回はそんな山岸あかね選手の経歴やプロフィール、そして分かれば父親や母親に兄弟姉妹についてをご紹介したいと思います。

ネーションズリーグ代表落ち選手や選抜メンバーにいない選手は誰?スタメン男子&女子

FIVBネーションズリーグ2018日本女子バレーボール日程スケジュール予定!試合開始時間は?

 

山岸あかねのプロフィールやバレーボール経歴

出典:http://www.achs.jp/medics

戸江真奈かわいいカップ画像写真!父母兄弟姉妹の家族構成に身長や体重は何キロ?

名前:山岸あかね
生年月日:1991年1月8日生まれ
出身地:長野県須坂市
身長:164cm
体重:55kg
血液型:O型
所属:上尾メディックス(リハビリテーション部)
経歴:東海大学付属第三高等学校 ⇒ 東海大学
ニックネーム:キラ
ポジション:リベロ (L)
利き腕:右
スパイク:283cm
指高:214cm

 

山岸あかね選手の家族構成を調べたのですが、父親と母親の情報は全くなし。

しかし、お姉さんは2人いらっしゃいます。

 

バレーボールを始めたきっかけもお姉さんの影響。

 

スポンサーリンク

バレーボール選手にしては珍しく、5歳という早い年齢から始めています。

中学校時代には、全日本中学バレーボール選手権で連覇を果たすなどこの頃からすでに実力のある選手。

 

山岸あかね選手は、お姉さんや小中学生の頃についてインタビューでこのように答えています。

 

私の2人の姉がバレーボールをやっていて、5歳のときに姉たちを見に行ったのが競技を始めたきっかけです。

小学生になると、近所のクラブチームに所属してプレーするようになりました。

そのチームでは6年間バレーボールの基本を教わりお世話になりました。

大学までバレーボールを続けてこられたのは、やはり勝ったときの喜びを忘れることができないからだと思います。

とはいえ、勝負の世界では勝ち続けることが難しく、逆に負けたときの悔しさを胸に刻むことで、きつい練習にも耐えることができました。

本当はあまり口にしたくないのですが、私には負けず嫌いなところが心のどこかにあるのではと感じています。

また、基本を忠実に守ることをずっと心がけてきました。

これも長くプレーできた要因のひとつだと思っています。

中学校の先生から教わった「サーブレシーブは体の正面で受ける」という基本動作を今でも意識してプレーすることが、私のリベロというポジションの土台となっています。

引用:https://web.archive.org/

中川美柚かわいいバレーの両親や家族は?身長など経歴やプロフィールも

 

高校は東海大付第三高へと進み、春高バレーやインターハイに出場。

 

卒業後に社会人バレーを選択せず、名門の東海大学へと進学しています。

 

この大学時代にも2年製のときにインカレで準優勝。

 

そして3年生のときには見事優勝しました。

 

大学卒業後は上尾メディックスへ入団し、その年すぐに全日本メンバーに登録されています。

 

2013年のときなので、真鍋監督時代ですね。

 

山岸あかね選手が上尾メディックスへ入団したときは、まだチャレンジリーグ。

 

そして2012/13シーズン、そしてよくシーズンには準優勝し、チームはプレミアリーグへと昇格しています。
入団してたったの2年でプレミアリーグ昇格するなんて強運の持ち主ですね。
全日本メンバーとしてリオデジャネイロオリンピックへの出場はかないませんでしたが、中田久美監督の2期目のメンバーとして全日本メンバーに復活。
2018年5月には全日本女子バレーイタリア遠征での練習試合のメンバーにも抜擢されています。
全日本女子のリベロといえば、2017年のグラチャンバレーで井上琴絵選手と小幡真子選手が代表メンバーに選出されています。
イタリア遠征でどれだけ結果を残せるかが勝負の別れどころ。
今回の中田ジャパンは1990年~1993年生まれの選手が多く、キャリアを積んだ安定型チームになっています。
ちなみに中田監督は、全日本メンバー発表の時にリベロに関してこのように述べていました。
リベロは、小幡(真子)と井上(琴絵)をレセプションとブレーク時に使い分けたり、最初から最後まで1人で戦ってもらったりだとか、いろいろと試した中で、その2人に関しては、ある程度安心して見ていられたような気がします」
引用:http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan
イタリアから帰国後、全日本チームは直ぐにネーションズリーグが始まるので、体調管理にも気をつけて欲しいところですね。
山岸あかね選手が代表スタメンメンバーに選ばれたかどうかは発表され次第アップ予定ですのでお待ち下さい。
スポンサーリンク


}